2017年10月09日

9月の七日講が勤まりました

  9月の七日講が勤まりました

saisyo1.JPG

       講師:真宗大谷学園専任理事
          今治市 善照寺住職 真城義麿師
       法題:大事と小事

IMG_3231.JPG

日ごろ私たちが大事だと思っているもの、必死になって求めているものが、実は自分を苦しめた人を傷つけているということがある。これでいい!と自分だけが思っている世界こそが地獄なんですよ、と真城師。

IMG_3299.JPG

「人は皆、だれもがいつか愛する人を亡くし、寝たきりになって家族に手間をかけ・・・
それでも安心して死んで行けますか?」

IMG_3311.JPG

「本願を信じ、念仏申さば仏になる。阿弥陀仏の無条件の救いを大悲といいます」

IMG_3181.JPG

「どう生きればよいのか」考えれば考えるほど、自分の都合から抜け出すことが難しい。
ユーモアあふれる語り口ながら、厳しい真城師の問いかけに、ご聴聞の皆様は時に考え込みながら真剣に聞き入っておられました。




posted by 玉泉寺 at 18:24| 新着情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする